注目の選手 清水 慎太郎

富士薬品が応援する大宮アルディージャは現在J1リーグで活躍するプロサッカーチームです。数多くの素晴らしい選手を抱え、地元を始めたくさんのファンに支えられています。

キレのあるFW 清水慎太郎

富士薬品が応援する大宮アルディージャの頼れるFWが清水慎太郎選手です。1992年8月23日生まれ、埼玉県出身の清水慎太郎選手は小さなころから活躍しており、浦和レッズジュニアユースに在籍していたこともあります。さらに高校時代は2年生から全国高校サッカー選手権に出場、3年生の時は4試合で5得点上げる活躍を見せました。
高校卒業と同時に大宮アルディージャに入団、2013年から2014年までは期限付きでファジアーノ岡山に移籍していましたが、戻ってきてからもファンの根強い人気に答え、J1昇格に大きく貢献した選手の一人です。

清水慎太郎これまでの活躍

清水慎太郎は富士薬品がお応援する大宮アルディージャの一員として2011年から活躍を見せています。入団当初は背番号29を付け、2012年度はリーグ戦6試合に出場、1得点を挙げました。さらに岡山に移った2013年には10試合に出場し4当店を、2014年には32試合に出場し5得点を挙げる活躍を見せたのです。
2015年に大宮アルディージャに戻ってからも、29試合に出場し2得点を挙げるなど、チームの勝利に大きく貢献しています。また清水慎太郎選手は冷静な判断力を持つ選手です。2016年7月23日の新潟戦において、チャンスボールに迅速に反応し、瞬時にけり出すか、オーバーヘッドをするかの判断をしたというのです。体の切れが良く動きもいいFWとして、清水慎太郎選手は今後も活躍が期待される選手といえるでしょう。高校時代にも2年生から全国高校サッカー選手権に出場し、3年の時は4試合5得点、チームのベスト8進出に貢献しています。

大宮アルディージャはJ1に昇格してまだ2年目のチームですが、地元に愛されているサッカーチームといえます。そんな中清水慎太郎選手は埼玉に貢献したいと大宮アルディージャに入団を決意した、地元愛の深い選手なのです。